社会の中枢に立って女性が活躍する時代になりました。

女性でも働きやすいと評判のタマディックはどうなのでしょう。

タマディック徹底調査などの情報サイトをいろいろ見たうえで私なりに考えてみましたので、よろしければご一読ください。

●全体の7%約67名が女性スタッフ。

2017年4月1日現在で、タマディックの総社員数は956名です。

そのうち7%が女性ということですから、単純計算すると約67名ということになります。

働きやすい理由としては、産休・育休制度が整っていることがもっとも大きな理由で、本人の希望さえあれば出産後も職場に復帰して仕事をつづけることができます。

女性エンジニアは、神経の細やかさ、仕事の丁寧さなどから、タマディックでも積極的に採用しています。

●他社に先駆けて『くるみんマーク』を取得。

また2008年には他社に先駆けて『くるみんマーク(次世代育成支援認定マーク)』を取得しています。

くるみんマークとは、タマディックをはじめとする一般事業主が会社の行動計画を策定・実施し、その内容が一定の基準を満たした事業主に付与されるもの。

たとえば女性を積極的に雇用していくとか、子育て支援に力を入れているなどです。

このような認定がなくても、すでに女性に対する戦力的な認知は広がっていますが、タマディックはいちはやく取得したことで、一般広告や求人広告を通じて話題になることが多くなりました。

●タマディックの社員の女性比率はまだまだ少ない状態にありますが、今後はさらに拡充して会社のコア事業に登用していくことでしょう。

エンジニアという職業は極めて専門性が高く、きめ細かな神経が要求される仕事です。

また今後のタマディックのグローバル戦略などを考えると、他国と遜色のないすぐれた女性スタッフの登用が望まれることは間違いありません。

記事RANKING

MENU